fc2ブログ

『Dies irae ~Acta est Fabula~』 ベアトリスラジオVol.2 & パッチ公開延期

ベアトリスラジオ Vol.2


定例の『Dies irae ~Acta est Fabula~』週末更新は、ラジオというよりはミニボイスドラマという感じになってきた「ベアトリスラジオ」の第2弾とカウントダウンボイス(これについては次のエントリで)が公開。

ベアトリスラジオの第2弾は、前回に引き続き、新装版香純ルートED後のグラズヘイム(ヴェヴェルスブルク城)における聖槍十三騎士団の愉快な面々のその後についてのレポート。(前回の流れのままに)マキナとシュライバーが闘ってるところに乱入するヴィルヘルムは本当に愛すべき馬鹿だ。居残り組に「脳筋バトルジャンキー」だの「ヒャッハー(笑)」だの「作品が作品ならザコ」だのと好き放題言われているけど、本人はこれ心底幸せなんだろう。今回はザミエル卿が有無を言わせぬその迫力で全部持ってった気がするが、ここでも無自覚な恋愛処女っぷりを居残り組に散々指摘されているのは、本編でのリザやベアトリス(あと螢)との絡みがどうなるのか楽しみになってくる。そして期待を裏切らぬ我らがヒーロー・シュピーネさんは今回も最後で美味しいところをかっ攫ってくれる。素敵!
地味にグッと来たのは「玲愛に裁縫とか教えてあげたい」とか言ってるリザかな。本編ではそんな心暖まるようなことにはならなさそう(特に玲愛ルート)だから余計に。神父も含めて教会組の関係性にはなんらかの救いが欲しいんだけれど、「神父が救われる訳ないだろ」とか正田が言ってたし、無理っぽいよなあ……
このラジオの、本編の殺伐とした展開が嘘のようにほのぼのとした十三騎士団居残り組の会話は超楽しい。和む。本編のイメージを破壊するとか言われていたけれど、これはかなりの数が存在するであろう騎士団ファンにとってはむしろ待ち望んでいた展開のような気がするぜ。この手のネタは本編発売後のドラマCDとかファンディスクでやりそうなもんだけど、それを発売前企画で出してくるってのはどうなんだろう(苦笑)。いや嬉しいけどさ。


で、そんな感じで盛り上がったテンションの高さを一息で叩き落とすかのようなこんなニュースが。

【アップデートパッチについて】Dies irae~Acta est Fabula~

本アップデートパッチは収録データ量が大きく、アップデートパッチ公開作業に時間を要する事となり
アップデートパッチ公開日を1日遅らせて12月22日18:00~に延期させていただきます。

お待ち頂いているユーザー様には、大変ご迷惑をお掛けする事となり、誠に申し訳ございません。

ふ ざ け ん な !
たかだか3日前じゃ早めのフライングとほとんど変わらねえじゃねえかよクソッタレが!っつーかゲーム本体は既にマスターアップしてるってーのに、そんなしょっぱい理由で一日刻みで延期してんじゃねーよ大馬鹿野郎!まあ2年前の惨劇があるからマスターアップしてもまだ何か(配送トラックの事故とか)あるだろうと想定してはいたけどな!こういうgdgdなところも含めてlightはどこまで行ってもlightだなあド畜生!都合5年くらい引っ張り続けてきた作品の最後の最後のシメで、地に堕ちたブランドの評価をやっと回復できるかもしれない天王山で、なんでこんな馬鹿みたいなオチ付けるかなぁ? ああもう今からでもいいから前言撤回してさっさと21日に公開しろっつーの。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント