fc2ブログ

『ましろ色シンフォニー』 コンプリート

積み小説と積みラノベで時間を取られたが、とりあえず終了。

キャラ造形と声優が好みだった愛理がお話としては一番つまらなくて、わりとどうでもいい存在だったみう先輩のシナリオが一番マトモに読めたってのはほんとバランス悪い。愛理シナリオは途中から『こいびとどうしですることぜんぶ』もかくやというダダ甘な展開になる。砂を吐きそうな甘い展開自体に否はない(むしろウェルカムだ)のだけれど、こんぶの時にも感じた現実感のなさ過ぎるストーリーに萎えた。エロゲに過度のリアリティを要求している訳ではないんだが、あまりに都合良く予定調和的に物語が進むことには快感よりも気持ち悪さの方が強くなってくる。後半の愛理はツンデレの“デレ”というよりもむしろ依存症一歩手前といったような危うさとウザさがあって正直引く。(保住は『魔法はあめいろ?』まではまだ悪くなかったんだけど……)
対してみう先輩ルートは、先輩よりも紗凪の方がよほど攻略ヒロイン然としているのに、この手のキャラの例に洩れず非攻略。おるごぅる以外のライターが書いた別ルートでは男嫌いの度合いがキチガイじみていて、みうルートでの「男に対しての距離感をはかれず、素直になれない」という造形との乖離が酷い。(他3ルートを先にやったせいか、よけいに酷く感じた気がする)それとぱんにゃが超ウザい
アンジェは“野良メイド”という設定自体が無理ありすぎなのとヘッドドレスを取ったあとの描写があまりに酷いし、桜乃は悪くはないけど普通すぎる。(無表情系のアグミオンというのはなかなか他では見られない珍味で美味しゅうございましたが)

深いこと考えずにいちゃいちゃきゃっきゃうふふなエロゲを否定してるわけでもないんだけど(それはそれで大好物だし)、もうちょい別のアプローチがあったんじゃないかなーとは思う。こういう作り方をすれば売れるのだろうと理解はしていても。

でもまあ、個人的にはツンデレな五行なずなを堪能するためだけに買ったので、その目的は十二分に果たされたから後悔はしていない。俺つばの日和子さんもそうだったけど、おっとり物静かな系統じゃない五行なずなも独特の魅力があっていいなあ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント