FC2ブログ

『VMware Workstation 7』 リリース

ヴイエムウェア、Windows 7をサポートした「VMware Workstation 7」 - Enterprise Watch

Windows 7への本格的な環境移行もやっと落ち着いてきて、そろそろVMwareを入れようかと思っていたところに朗報が。さっそくインストール&セットアップをしたが、それだけだと普通に終わってしまってつまらないので、久々にエロゲの動作確認をしてみることにした。

パッチ版の『Dies irae Also sprach Zarathustra -die Wiederkunft-』は、Detectronが仮想ディスクを作って動く関係からか、Windows 7 64bitでは(ちなみにVista 64bitでも)エラーコードを吐いてしまって動かない(シリアル番号の入力画面まで行かない)。
そこでVMware Workstationをインストールして仮想ディスクを作成し、VMware Playerで再生してみるとこんな感じになる。ちなみにセキュリティソフトは、以前はAVGを使っていたが今回は純正のMicrosoft Security Essentialsをインストールしている。

VMWareWorkstation 7.0

動作速度はほぼ実機レベル。音声読み込み/演出が僅かに遅れるかな?というくらいで、注意しなければまず気付かない程度。そもそも、パッチ版は(仮想ドライブ作る関係からか)微妙に重かったから、どっちが悪いのかは微妙なところ。グラフィックは普通にプレイする限りは問題はないが、演出をすっ飛ばす高速スキップをするとゲーム画面が白くなってしまうことがある。フルスクリーン化は問題無し。サウンドは音声の入り始めにまれに微かなノイズが入ることくらい。

基本的な感触は6.5の時とあまり変わっていないけど、メイン環境を完全に64bitにしたことで、メモリをガッツリと割り振れるようになったのは大きい。Aeroグラフィックスに対応したことが象徴的だけれど、DirectX(Direct3D)への対応も進んでいるらしい。Playerのまま使い続けるか、Workstationを買ってしまうかは今後の運用次第か。
仮想環境といえば最近のVirtualBoxも試してないが、あっちはAC97のサウンドをエミュレートしてくれるらしいから、暇を見つけて追検証しておいたほうがいいかもしれない。Professonal/Ultimate特典のXP modeも製品版になってからは検証してないけど、そっちは正直(自分の環境で使う分には)どうでもいい。DirectXが非対応なのでエロゲ目的には微妙な部分があるし、フリーなWindows XPのライセンスを持ってない人でも気軽に使えるってこと以上の価値はないかなあと。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント