雑記 100828

spモードに対応:「Xperia」がバージョンアップ、POBox Touch 3.0に進化 - ITmedia +D モバイル
NTTドコモ、spモードを9月1日提供開始。Xperiaのバージョンアップは8月30日より。POBoxも機能拡張

まず間違いなくSPモード用のバージョンアップだろうが、POboxのバージョンが上がるのは嬉しい。プラグインがShimeji互換(!)というのは、柔軟性に欠ける決定をしがちな大企業らしからぬ快挙と言って良いだろう。これでフリック入力での判定精度が向上していれば常用するんだけど……どうなることやら。

ライアーソフト第28弾[紫影のソナーニル]公式サイト

桜井光女史の手によるスチームパンクシリーズ最新作。原画がAKIRAさんで舞台が地球ということで、『漆黒のシャルノス』の印象をどうしても引き摺ってしまうのだけれど、そんな初見の印象をどう覆してくれるかが楽しみだ。まだ前作の『白光のヴァルーシア』を終わらせてないけれど、予約特典のサントラを取りこぼしたくないからとりあえず買う。年末にはスチームパンクライブがあるらしいけれど、dorchadas(漆黒のシャルノスOP)とSIRIUS(蒼天のセレナリアED)目当てで行きたい気持ちもちょこっと。

失われた未来を求めて

実際の出来がどうなるかということに不安は尽きないんだけど、既出のCGや特典ラフ画像がツボすぎるので無駄な抵抗は諦めた。声優は手堅いところばかりだけど、友人キャラに勝平ちゃんがいて噴き出した。エロゲには昔から定期的に出演してるけど、この作品で来るというのは予想外……

キサラギGOLD★STAR

最初は「樋口秀樹とWHITE-LIPSが音楽で参加してるからチェックしとくかー」くらいの心持ちだったんだが、CGが可愛いんで次第に興味が出てきた。詳細不明な2名のキャストが誰なのかがすげー気になるな。最近だったら安玖深音とか成瀬未亜とかがありそうだけど、これでアイマス勢とかミズハスだったらガッカリだ。(あ、アイマス勢の中でも閣下は超ウェルカム。萌将伝でもいい演技だったし)

crossover top
Getchu.com:美脚隷嬢優奈「脚もお尻もこんなに穢すなんて……絶対に許さない!」 (CROSSOVER) (18禁)

これなんて『美脚性奴会長 亜衣』
しかし、このキャラ造形で一色ヒカルというツボを突きすぎた配役なのでノーガード特攻。かわしまりのにしても金田まひるにしても、このブランドのキャスティングは当て書きしてんじゃねーかってくらいのハマり具合だ。コンセプトを考えればそれで正解だろうけど。

姉です。 ~姉死覚悟の「弟しぼり」な夏が来る!~ メインページ

あからさまな火薬臭がしてるから本当は回避するべきなんだろうが、遠野そよぎがツボすぎるのでバンザイ特攻しそうな予感。
スポンサーサイト

Just Suite 2008(一太郎2008・花子2008)が起動しない場合の対処方法 (自分用メモ)

Just Suite 2008に収録されている一太郎2008や花子2008が、「ConstraintError クラス文字列が無効です(16 行 27 列)」などのエラーメッセージが出て起動しない場合の対処方法。サブノートを新調して環境再構築の際にちょっと詰まったのでメモしておく。
まあ、Evernoteに保存しときゃいいんだけれど、ググってもあんまりこの情報載ってないんだよな。そろそろWindows 7正式対応の新しいバージョンに乗り換えろという啓示なのかしら。


[039162-4]一太郎を起動しようとすると、「クラス文字列が無効です…」と表示される

1. jsvda.tblを削除する
Vista/7の場合は[%SystemDrive%\Users\All Users\Justsystem\VDA]にある(XPの場合は[%SystemDrive%\Documents and Settings\All Users\Application Data\Justsystem\VDA]“jsvda.tbl”を削除する。

2. WindowsのTEMPフォルダをクリーンアップする
この手の基本テク。[%SystemRoot%Temp]を開いて内容を削除する。

3. OCXファイルを再登録する
インストールディスクから[jsiocx.exe]を検索し(通常は[%DriveRoot%ICHITARO\SUPPORT]とかに収録されている)ヒットしたexeファイルを実行。OCXファイルを再登録する。

『Dies irae ~Acta est Fabula~』 正田崇とユーザーの質問回答など

Dies irae累計5万本突破感謝キャンペーン開催決定!!

正田崇が先割れスプーン大先生に「メルクリウス超ウゼェェェェェェェェェェッ!!」と絶叫させたいがためだけに企画されたなんて噂(笑)がある、シリーズ累計5万本を突破した『Dies irae ~Acta est Fabula~』の新パッケージの発売記念ムービーが電撃的に公開。この後に公開される予定の、ルサルカ×ロートスSSのボイスドラマを以て、Dies iraeの展開も一段落するとのこと。


……が、そんな余韻を吹き飛ばすような極大クラスの爆弾が同日に投下された。完結を記念して、シナリオライターである正田崇(と、まゆきD)がTwitter上でユーザーからの質問に答えるという前代未聞の超企画。片腕であるまゆきDですら初めて知ったような蔵出しの情報が惜しげもなく開陳される様は、まさしく流出位階としか喩えようがない。

Togetter - 「正田崇氏による『Dies irae ~Acta est Fabula~』の質疑回答」

あまりのネタの美味しさと貴重さだったので、Togetterで纏めてみた(他にも纏めたユーザーはいらっしゃいますが)。なんせ企画・脚本である正田みずからの発言なので、すべての回答が公式設定という特Aクラスの設定資料ですよ、これ。おかげでファーブラ本編・SS・ドラマCDと辿る中でも解消されなかった疑問点が一期にガーッと解消されてしまった。なにこの開放感。
中でも一番の重大事は、7年版を通過したユーザーとしては常に気になっていたであろう“なぜ怒りの日は引き起こされてしまったのか”という事柄について、ついに正田崇本人から回答があったこと。
(以下引用部、改行および強調表現以外、すべて原文ママ)

質問:sedraem
@masada_takashi Diesを語る上で避けて通れない07年版ですが、どうしてあんな事になったのか。
そして、氏は当時何をしていたのか。最後にお答えいただきたい。

回答:masada_takashi
@sedraem 慢心と怠慢。この二つが全てです。
自分にとって一生涯忘れられない醜態であり、以降の二年間は失った信頼を取り戻すことに全霊を懸けました。
そして今、プラマイゼロになったのならば、次こそが本当の勝負であると思っています。


ファーブラも無事に発売されて物語が閉じ、すべてが終わった今だからこそ、ああやっぱり当時はそうだったのかと冷静に受容できるけれど、戦乱の渦中のあの当時にこんな発言をされていたら120パーセント間違いなくキレていたよなあ、うん。

しかし、これで最後だ終わりだと宣言されているのに、エンドマークが打たれた実感がぜんぜん湧かなかいな。予定調和のアンコール(ドラマCDとか人気投票とか)が終わって客電が付いても席を立たずに、ずっと客席で拍手をし続けている時のような、そんな気持ちがあったりもする。

雑記 100817

『セカンドノベル ~彼女の夏、15分の記憶~』終了。EXセクションが終わって胸に残る余韻は、たしかに書淫をプレイしたときのものと同質のそれ。当然喪われた10年の蓄積はあるんだけれど、それでも10年越しの深沢豊はやっぱり深沢豊だったというか。俺は大好きだけど、これはユーザーを選ぶよなあ。このご時世にこんなチャレンジな選択をした日本一ソフトウェアとテクスト。の侠気に惚れますわ。そのうち何かを書きたい。

Innocent Greyベストアルバム トロイメライ

はいはい予約予約。『殻の少女』も『クロウカシス』も開けていないのにサントラだけはきっちり買っているというこの体たらくはなんとかしないとなあ。

雑記 100816

IDE-USB変換アダプタを探して道具箱を漁っていたら、DDR2-800 1GB SODIMM(hynix純正モジュール)を発見。買った覚えはないから、家族のパソコンを入れ替えた時の余り物かなんかだろうか。せっかく見付けたものをそのままにしておくのも勿体ないのでUL20Aに取り付け。Interleaveなデュアルチャネルで動いていてMEMTESTも通ったので一安心。

[APPMOD][09.08.10] Brut Google Maps 4.4.0.4414-brut16 - xda-developers

ひとつ前のburt15は正常にインストできなかったけど今回は問題なし。ベースとなるGoogleマップのバージョンが上がったから仕方がないのだけれど、カラーリングが黒バック白文字から白バック黒文字に変わってしまったのが残念。白バックだと外での視認性悪いんで。

気になるアクティブスピーカーを聴く【クリプトン:KS-1HQM】 -AV Watch
ASCII.jp:本格オーディオを堪能できるUSBスピーカー「KS1-HQM」|物欲AVコモノ道

USB DACの機能は必要ないけれど、いま使っているのがBOSEのM2なのでものすごーーく気になる。直販オンリーなのが辛いけど、何かの拍子に衝動買いしてしまいそうだ。

ASUSTeK 「UL20A」 購入

ASUSTeK Computer Inc. - Notebooks - UL20A
ノートパソコン|EeePC UL20A│正規代理店ユニティ
ライバル機との比較も:Eee PCの衝撃再び!?――ASUSが放つ“5万円台”CULVノート「UL20A」に迫る (1/4) - ITmedia +D PC USER
【西川和久の不定期コラム】 Celeron SU2300搭載でゴッキュッパ! ASUS「UL20A」
ASCII.jp:ASUS UL20Aに見る、モバイルへのこだわり
【レビュー】スタイリッシュなCULVノートPCならコレ! - ASUSTeK「UL20A」を試す (1) お手ごろ価格なのにスタイリッシュなCULVノート登場 | パソコン | マイコミジャーナル

懸案だったサブノート(W5000A)の代替としてASUSTeKのCULVノート「UL20A」を購入した。検討を始めた当初はSandy BridgeベースのHuron RiverのCULV版が来年に出るのを待とうと考えていたのだけれど、最近になって出てきたCULV版Calpellaがちょっと微妙だったことと、在庫限りの終息品で条件が良かったのでついフラフラと。きっと天気のせいだ。
結果的にS5N(S5200N)W5A(W5000A)に続いて3連続でASUS製のモバイルノートを買うことになってしまったけど、Webサイトからドライバやツールを全部落とせるし、メーカー特有のクセや機能は扱い慣れてるから大体把握しているし、下手に他社に乗り換えて戸惑うよりは良かったのかもしれない。サポートについてはそもそも期待していないから問題にはならない。……というか、ASUSのコンシューマ向けサポートがウンコなことは身に染みて分かっているから、今更どうとも思わない。

性能的には(自分が想定している用途内においては)特に不満に覚える箇所はないし、元々の単価が安いからそんなに手を入れるつもりはない。まあ、メモリのスポット価格がもう少し低下したら2GB SODIMMを追加して4GBまで上げておくことと、Intelの新しい25nmプロセスのSSDが発売されたらメインマシンのシステムドライブをリプレースして、いま運用しているX25-M(80GB)をスライドさせることくらいか。あとはBluetooth対応マウスとかバッグを買う程度。

……それにしても環境設定が地味に面倒くせえ。常用しているソフトで地味にWin7 x64で問題出てるのがあるから、その辺も代替しなきゃならんし(一番痛かったのはbluebird。設定するのが手間だけどCraftLaunchに乗り換えるか…)。メイン環境よりもサブ環境の方がWin7移行に手間取るってのもアレな話だ。

『黄昏のシンセミア』 コンプリート

黄昏のシンセミア
御奈神村報
Getchu.com:黄昏のシンセミア 初回限定版(あっぷりけ) (18禁)
【Game-Style】『黄昏のシンセミア』特集


作り手側の良くも悪くも真面目な姿勢というものが作風を定義づけているという点では『見上げた空におちていく』『コンチェルトノート』と同様。だが前2作と比べると文章運びのテンポの良さや語彙のチョイスが格段に洗練されており、物語の運び方に安定感がある。それでも多少回りくどかったり、説明的になるところはまだ残っているのだけれど、概ね許容範囲内だろう。
突如現れた怪物の正体は何か?伝説となった過去の出来事の真実は何だったのか?などといったフックに対して、理が通る民俗学的なアプローチで切り込んでいくのだが、日常場面での“静”と緊迫した場面の“動”の切り替えが上手く話運びの手際も良いし、過程の描写や事に至るまでの理由付けがしっかりしているので、プレイしていて物足りなさは感じなかった。体験版でプレイできる部分の内容から、もっとおどろおどろとした伝奇的な“暗闇”の要素を前面に押し出した作風ではないかと想像していたのだが、そのあたりは好みの範疇内だろう。
作中に張られた伏線は本編のなかでキチンと回収して、伏線というほどではないが疑問に感じるような細かい設定については初回特典の設定資料集で説明する……というバランスの取り方も過去作と同様。「副読本を読まないと話の流れが全然分からない」ものも「話の流れを阻害してでも、作中で一から十まで設定を開陳する」ものも論外だと思っているので、このバランス感覚は他でも真似して欲しいと思う。(最近でもないが『Dies irae ~Acta est Fabula~』の初回特典小冊子がそれに近かったかもしれない)


キャラクターはもう全員可愛い。まず、メインヒロインであるさくやの秀逸なキャラ立て。無邪気にひっついてくるわけでも嫌悪し毛嫌いするわけでもない、相棒的なノリではあるんだけれど厳然とした“兄妹”でもある…という、そこらにありそうなのになかなか見かけない絶妙なライン。アル(みあそら)にしても莉都(コンチェ)にしてもそうだが、こういう“ありそうでなかった”キャラを書かせると桐月氏は本当に上手い。ただ、自分としては前作の進矢と莉都の相棒的な関係性の描写のほうが好みではあった。
実妹との近親相姦というタブーの描写・展開については、落し所は予想の範囲内ではあったけれど、恋慕の情が高まりすぎてその欲望に流されるまま……みたいな展開に持っていかず、お互いに覚悟完了した上で関係を持たせていたのは感心した。最初のHシーンで部屋に入っていった時のさくやの態度には一見の価値がある。全体的に地に足が付いた作風なので、社会通念的なタブーや“結ばれた後の処世”について思いを巡らせることなく「好きな物は好きだからしょうがない」的なノリで処理をしなかったことは作り手の意識の高さだろう。

それ以外のヒロインも可愛くて……というかキャラ単体で見ると、さくや以外の(サブも含む)ヒロインの方が圧倒的に好みです。とくに、気の置けない(だが近年はちょっと疎遠になっていた)陽気で快活で巨乳で巫女さんな幼馴染みであるいろは@青山ゆかりが超ツボ。それはお前がゆかり教育の受講者だからゲタ履かせてるんじゃねーかと言われれば否定はしないけれど、逆に「青山ゆかりが魅力を十二分に引き出せるくらいのポテンシャルを秘めていた」とも言える。がっかり美人な銀子さんも、やっぱり「ありそうであまり見かけない」ところを突いてきていて良かった。
『コンチェルトノート』は莉都・タマとそれ以外のキャラの格差が酷く攻略不可のサブキャラも多かったものだがそれも改善されており、サブキャラにもあまり長くはないものの個別ルートが用意されている(みあそらはそもそもキャラ数が少なかった)。ボリューム感には欠けるしエッチも1回限りとちょっと物足りなさは残るのだが、サブだけあってストーリーが本筋に関わっていけないということもあるし、全体のバランスを考えるとそれで良かったのだと思う。

そしてなにより、主人公である孝介のキャラ造形が良い。肉体的にも精神的にも、飛び抜けた力量や特殊能力がある訳ではない。だが、無茶無謀は(基本的に)せず冷静に場の状況が判断でき、身体を張ることも厭わず、一度決断したことは揺らがずに最後まで自らの意志を貫き通す……そんな自然な立居振舞いのカッコ良さは、周囲がマンセーマンセーと不必要に持ち上げる俺つえー系(もしくはハーレム系)や“鈍感”という免罪符の元に茶番劇を繰り返すようなウジウジ系とは一線を画している。ナチュラルにセクハラ発言を繰り出す変態紳士でもあるのだが、そんな側面すらチャームポイントに見えてくるから不思議だ。

ただ、そんなエリート変態紳士である孝介さんが活躍するはずのエロは、実用性という点ではあまりよろしく無かった。メインヒロイン3回サブヒロイン1回のエロを女キャラ全員にきっちり割り振っているし、○学生と3Pやっちまったりちょい変態チックなシチュエーションでイタしてたりといろいろ頑張ってるのは確かなんですが。このタイトルは別に抜き目的で買った訳じゃないからさほど問題視はしないのだけれど、本編での孝介さんのナチュラルな変態っぷりを思うと少し物足りなさが残る。


オダワラハコネの原画もみあそら・コンチェの頃から比べると格段にレベルアップしており、特に表情やバストアップのCGでの感情表現の表現力アップがものすごい。いろはさんの口元と腋とか、もうその可愛さだけでご飯が食べられそうなレベル。SDイベントCGも作品の雰囲気から浮き上がらないレベルの使われ方をしており好印象。身体バランスや構図、肉感的な描写といった基本的な部分でまだまだ不満もあるのだけれど、まあそれは今後の更なるレベルアップに期待ということで。

鷹石しのぶが手掛ける音楽は一作目から一貫して高水準だが、今回もその期待に背かないすばらしい出来。壮大なスケール感を感じさせる鷹石氏の楽曲は、今作のような伝奇要素を含んだ物語の雰囲気にはとてもマッチしている(近日発売予定のサントラは速攻で予約した。今回はリリース早くてよかった!)。だが、みあそらの「蒼穹」「The Blue」やコンチェルトノートのメインテーマのような、これ一発で全部持っていくぜ!みたいな必殺の一曲は無かったかなとも思う。

そしてなにより、システムが最強クラスに使いやすい。細かな不満点が潰されて完成度が更に上昇したフローチャートはコンチェルトノートから変わらずの使いやすさで、セーブ&ロードでの分岐回収が実質的に不要となっている。フローチャート上の小窓でのシーン再生が実装されているのを体験版で確認したときにはさすがに仰天した。さらに、『見上げた空におちていく』で実装されていたフラグメントシステムが復活。本編の別視点や後日談、IFエピソードなどが独立ブロックとして閲覧が可能になっているのだが、本編に絡めにくいエロや本編開始前のエピソードの回収を、本編終了後にポンと出してしまうのではなくシステムに組み込じゃうというのはなかなか上手いやり方だなあと手を打った。


作品単独での評価というよりはブランドの過去作との比較に終始してしまった感があるが、前二作で挙げられていた不満点を解消しつつ高く評価された所は順当にビルドアップさせた、ゲームの各要素を高いレベルで纏め上げた隙がなく手堅いつくりのゲームに仕上がっていると思う。ストーリー志向のゲームがやりたいならば、体験版をプレイして肌に合うようであれば、あっぷりけブランドの過去作品が好きだったのであれば……手を出してみる価値は充分にあるだろう。
あかべぇ系列は当たり外れの振り幅が極端に大きい印象があるけれど、あっぷりけブランドで、シナリオ:桐月, 原画:オダワラハコネ, 音楽:鷹石しのぶ, プログラム:ワムソフト, ディレクター:憲yukiというスタッフの布陣が変わらなければ、次回作でも本作と同等以上の素晴らしいものを見せてくれるに違いない。

ただ、総合評価はあっぷりけ史上最高であることは間違いないものの、前二作のような尖った魅力というのはちょっと薄れてしまっているので、そのあたりは好みが別れるところかもしれない。既存3作品のなかで一番“良く出来ている”と思うのはシンセミアで、一番“好き”なのはコンチェルトノート…というのが、メインヒロイン(アル/莉都/さくや)へのお気に入りの差も考慮した上での個人的な評価。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。