『デッドエンド Orchestral Manoeuvres in the Dead End』 情報公開

デッドエンド ~Orchestral Manoeuvres in the Dead End~
『デッドエンド Orchestral Manoeuvres in the Dead End』アナログのゲームブックをPSPでプレイ! - ファミ通.com
デッドエンドの情報を公開しました - テクスト。

復ッ活ッ!
大槻涼樹復ッ活ッッ!
大 槻 涼 樹 復 ッ 活 ッ ッ ッ !


Lost Script退社以降、荒川工と深沢豊というベテランのシナリオライターとテクスト。を立ち上げたものの、個人としては表だった動きが見られなかった大槻涼樹氏。(発売元は違うが)テクスト。としての前作『セカンドノベル』の流れを受けたのか、オリジナル作品としては初となるコンシューマ(PSP)のフィールドでの新作をひっさげて堂々の復活ですよ、復活!

シナリオが所長、原画Vanillaさん、ジャンルがデジタライズド・ゲームブックで題材が吸血鬼もの……どうみても蠅声の王ですねはい。音楽がたくまるさんでボーカルが真理絵シモツキン片霧烈火なら完璧。まあそれはともかく、ロスクリ時代に開拓したデジタライズド・ゲームブックを復活させるのであれば、「ゲームブックという体裁って、物語そのものを享受するジャンルとしては(能動的にアクションを起こさなければならない構造上の問題で)微妙じゃねえ?」という蠅声IIの時に感じたことに対して解決策が提示されていることを期待したい。あの大問題作『長靴をはいたデコ』のように、ゲーム的な入れ子構造・物語の受容者の能動的なアクションを物語そのものが必要としている場合ならいいんだけど蠅声はそうではなかったし。元ネタのゲームブックもあのゲームシステムも大好きだが、それとこれとは別問題で(その点では、デコはデジタライズド・ゲームブックならではの大仕掛けだったと思っている)。

まあそんな不安感もあるにはあるけれど、んなことすら究極的にはどうでもよくて、大槻所長が現役で創作活動を続けていて我々ユーザーに新しい世界を見せてくれるというだけで、あぼぱ時代のPC-98版黒の断章以来のファンとしては十分過ぎるほどに幸せなのだが。氏の創作物に対する姿勢には以前より最大限のリスペクトを抱いていて、ぶっちゃけ「どんな媒体で新作を出しても追っかけ続ける」程の信者ですわ。新作がPS3とかNGPとか3DSって言われたらハード毎買ってたね、間違いなく。
というか、あの超展開のデコに対しての受容のされ方とかを見ていると分かるのだが、大槻所長はその創作物もさることながら、それを生み出す作り手本人の人となりや立居振舞、アティテュードに対してより強く関心を抱かれるタイプの創作者ではあるよな。その辺りはブランドとしての姿勢がよく取り沙汰されたあぼぱの遺伝子をもっとも強く受け継いでいるのかもしれない。

……そういえば『テスタメントスフィア』はまだ再開しないのかなあ。あれもメディア展開とかにも耐えうるほどのポテンシャルを持った題材なんだけれど。
スポンサーサイト

『アイドルマスター』 アニメ化決定

【速報】『アイマス』アニメ化決定! アニメ化についてのムービーを配信中!! - 電撃オンライン
【公式速報!】「アイドルマスター」アニメ化決定!アニメ公式サイトでPV公開!|アイドルマスター公式ブログ
【写真追加】新春ライブで『アイドルマスター』のアニメ化を発表! - ファミ通.com
決ッ定ッ!アイドルマスター再アニメ化決ッ定ッ!決ッ定ッ!決ッ定ッ! : はちま起稿

いや、これはありそうでなかったというか、わりと想定外の展開だ。ゲーム版準拠のアニメ化になるようで、動画の台詞からもゼノグラシアなんて無かった!という雰囲気プンプンなのが笑って良いのか悪いのか。発売を来月に控えた段階での最後のブーストとしては理想的……というかまんまと釣られてMA2とか買ってなかったCDを買おうかなと思ってしまうのが超悔しい。
しかし2では961プロのふたりも加わって765プロのアイドルの頭数が増えてる中でどうやってストーリーを纏めるんだろうな(あと竜宮小町の扱いはどうなるんだとか!キービジュアルの時点で可愛すぎるりっちゃんとか!いおりんとか!)。1クールじゃ到底纏まらないだろうし、2クールにしてオムニバスなアマガミ方式……にしてもコレジャナイ感漂うし。そもそもキャラデザとか監督とか製作スタジオどこなんだとか情報がまだ全然出揃ってないんで、本番はこれからかな。

それにしても新春ライブのセットリスト見ると羨ましすぎて妬ましい。とりあえずは5周年ライブのBDで我慢するとしても、今度ライブがあるなら何とかして参加したいものだ。(まあその前に360版開けなきゃいけないんだけど)

「アイドルマスター2」 3rd & 4th PV

THE IDOLM@STER OFFICIAL WEB
YouTube - 「アイドルマスター2」3rd & 4th PV (「THE IDOLM@STER 2nd-mix」&「SMOKY THRILL」)
『アイマス2』では律子プロデューサーがライバル!? TGSの試遊ヒントもお届け - 電撃オンライン
バンダイナムコ、Xbox 360「アイドルマスター2」。TGS2010「アイマス2」速報!会場にてトライアルバージョン&最新PV公開 - GAME Watch
4Gamer.net ― [TGS 2010]「アイドルマスター2」,TGS 2010にてトライアルエディション出展を緊急決定。9月18日にはキャストを交えたステージイベントも開催(アイドルマスター2)
4Gamer.net ― トップアイドルへの道に強力なライバルが立ちはだかる? 「アイドルマスター2」,律っちゃんPが率いるユニット「竜宮小町」とは!?(アイドルマスター2)
『アイドルマスター2』をTGSで体感! 最新PVも公開!!【TGS2010】 - ファミ通.com



竜宮小町マジパネエ。圧倒的すぐるでしょこれは……

これは2のビジュアルが初出の時から感じていたことだけど、伊織が髪型をイメチェンしたことで、えらく正統派の美少女っぽい雰囲気を醸し出すようになった。もともと1でも「もう数年したら超絶美少女になりそうな雰囲気」「美しく羽化する直前の未成熟さ」を漂わせていたのでこの変貌には納得できるのだが、そんな格好であんな歌とダンスを踊られたら、もうどうしたらいいか分かりません。真美はアダルティに成長しちゃってるし、途中のブレイクの掛け声やポージングはいちいちエロすぎるし、律っちゃんP敏腕すぎだろう……
しかしYoutube画質では細かいところのノイズや潰れが目立つので、とっとと60fpsムービーとかを公開してもらいたいものだ。

THE IDOLM@STERのリミックスの方は、1の振り付けとの違いにばかり目が行ってしまうなあ。2は派手なモーションなんだけれど、実際に踊れなさそうな(ダンサーが振り付けていなさそうな)動きなのがすこし引っ掛かる。(これは先行のThe world is all one!!でもちょっと思った)

『アイドルマスター2』 1st PV

THE IDOLM@STER2 | バンダイナムコゲームス公式サイト
アイドルマスター5周年記念ライブでXbox 360用ソフト『アイドルマスター2』を発表!【映像配信】 - ファミ通.com
『アイドルマスター2』はXbox 360専用で来春発売! 最新のPVをいち早く配信!! - 電撃オンライン
Xbox360独占ソフト『アイドルマスター2』のPV公開!元961プロのアイドルもついにHDに! : はちま起稿

ファミ通.comが一番高画質。これだけ綺麗なら発売後のMADにも色々期待できそうだ。りっちゃんやあずささんの扱いはどうなるのかとかゆきぽの声優交代かーとか真が麗しすぎるとかまあ色々気になるけど、続報を楽しみに待ちたい。

しかし、ラジオ聴いたりニコマス観たりCD買ったりと散々堪能しているのに、XBOX360版のゲームは未だにプレイしていないというていたらく。PSPのSPはやったけど、DSのディアリースターズもやってないし。発売が来年春ということはあと半年あるから、その間になんとかして開けるようにしよう。せっかく買ったベヨネッタとロストプラネットと地球防衛軍3もまだやってないし、このままだと360がただのデカい置物になっちゃうからなあ。

追記:
4Gamer.netが60fpsで一番綺麗っぽい。

『セカンドノベル ~彼女の夏、15分の記憶~』 Flash体験版

セカンドノベル ~彼女の夏、15分の記憶~
テクスト。
日本一の最新作は“15分の記憶”をめぐるミステリアスAVG『セカンドノベル』! - 電撃オンライン
片霧烈火さんが歌う主題歌を収録した『セカンドノベル』PV到着! - 電撃オンライン

カルト的な名作(あるいは問題作)と名高い『2nd LOVE』『書淫、或いは失われた夢の物語。』などのライターである深沢豊の超久し振りになる商業タイトルにして、大槻涼樹・荒川工・深沢豊というアクが強すぎるシナリオライター集団“テクスト。”のデビュー作。媒体がWindowsプラットフォームではないことはすこし残念ではあるが、PSPというチョイスには納得できる部分もある。

Flash体験版も公開されているのだが、敢えてプレイしない。深沢の新作なんだから当然買うし、ここは初見の驚きを大切にしたい。深沢氏が手掛けたタイトルは、シナリオだけを抜き出せばそれほど奇抜なものではないけれど(月並みな表現になってしまうが)「ゲームという媒体を最大限に生かした構成」になっているのがとても素敵なのでみんな買うといいよ。予約特典の小説(作中作品をまとめたもの)も異様に豪華なメンツだから、そっちに食い付くのも全然アリだ。
それにしてもコンシューマ媒体(PSP)でメインヒロインがゆかり教育友永朱音というのが素晴らしい。マーベラス!


んで、『True Color,』はいつにな(ry

『スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』 PV第2弾

スーパーロボット大戦OGサーガ魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL | バンダイナムコゲームス公式サイト


しょせんはウィンキーだしな……とナメた感じで見始めたら、予想以上に動いていて驚愕ですよ。最近のスパロボは携帯機でもユニットをグリグリと動かして驚くけれど、今回の魔装機神はそういう方向性ではなく、凝ったカメラワークでカット割りを細かく駆使しつつ、随所にカットインなどをうまく挟み込むことでスピーディーかつハッタリの効いた画面に仕上げている。見た目の派手さ・キャッチーさという点では正直劣るけれど、実際のゲームでの快適さを考えるとこれはこれで有りだと思う。SFC版の鬼分岐がそのままだったら超・複数回プレイは必須のはずだし。つーかくるみ割り人形@プレシアはやっぱり特別枠かよ!このロリコンどもめ!

システムは本当にオリジナルのSFC版を踏襲してるっぽく、フル改造での武器変化や向きの概念は(おそらく合わせてZOCも)健在のようだ。気配察知システムが健在ということは、ピコピコ振り向き地獄がまたやってくるということですね、分かります。

そして一番嬉しいのは随所にイベント絵が追加されること。エロゲ脳で見てしまうと塗りがあまり良くないなあなんて感想が出てこないでもないのだが、ウェンディのイベント絵の存在だけで全てを許してしまう。ちくしょう分かってやがんなぁ。

『スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』 発表

スーパーロボット大戦OGサーガ魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL | バンダイナムコゲームス公式サイト
『スパロボ』のスピンオフ作品『魔装機神』が堂々復活!! - ファミ通.com
スーパーロボット大戦公式BLOG「熱血!必中!スパログ!」 | 魔装機神、復活!!



オフィシャルサイトの公開は明日(15日)から。ファミ通のインタビューも読んだが、F完結編以来?のウィンキーソフト制作で魔装機神の“原作者”である阪田雅彦自らのシナリオというオリジナルスタッフでの開発となるみたいで一安心。どうやらSFC版での鬼分岐や鬼畜難易度も継承される可能性が高そうだが……むしろ楽しみになってくるあたり救いようがない。
しかしPVを見るかぎりではSFC版からロボットアクションが全然進化しているように見えないのは、ああ確かにウィンキーソフトが開発なんだなあと色んな意味で納得できてしまうのがなんともかんとも。戦闘アニメーションに限ればPSのα外伝はかなり良かったし(プレシアの「くるみ割り人形」は公式病気過ぎだが)DSだったらWとかKなんかは戦闘アニメかなり頑張ってたんだけどなあ……でも、今回の魔装機神に限ってはだが、それがいいと言い切ってしまえ。ぶっちゃけSFC版のベタ移植でいも良いと思っていたくらいだし、ヘタに他の開発会社が手掛けて不満が残る出来になるくらいなら、まさかのウィンキーソフトが復活で手掛けてくれるという事実だけで俺は満足です。なんせ14年待ったんだ。

Amazon.co.jp: スーパーロボット大戦外伝 魔装機神: ゲーム・ミュージック: 音楽

テンションが上がってきたのでサントラを引っ張り出してきたが、「熱風!疾風!サイバスター」や「炎の中華体育教師」なんかの魔装機神テーマ曲が良いのは当然として、オリジナルの「ラ・ギアスの風」や「終わり無き戦い」はイントロ数小節を聴くだけでも胸が熱くなるな。脳汁出そうだ。音楽はSFC版からの変更はないということだが、これはオリジナルのコンポーザーの人がもういないとか、そういう関係なんだろうか。まあこれもヘタに改変されるよりはいいと思おう。

『Steins; Gate』 シュタインズ・ゲート 公式資料集

シュタインズ ゲート 公式資料集 : ¥2,415(税込)
シュタインズ・ゲート 公式資料集 | Xbox360 | 攻略本 | 株式会社エンターブレイン
Amazon.co.jp: シュタインズ・ゲート 公式資料集 (ファミ通Xboxの攻略本): ファミ通Xbox編集部: 本

志倉千代丸へのインタビューで、『スナッチャー』や『ポリスノーツ』なんかの小島秀夫ADVに言及されているのはなるほどと理解出来たんだが、話が太古のコマンド選択式ADVまで遡っていて笑ってしまった。さすがにやったことないや(笑)。というか、志倉氏が思っていた以上にアドベンチャーゲームへの造詣が深くて感心したし、なればこそのフォーントリガーシステムだったのかと納得も出来た。

「『シュタインズ・ゲート』のひみつを全部おしえちゃいまーす♪」(byまゆしぃ)との帯の触れ込みではあったけれど、「伏線回収は9割程度にとどめて、ユーザーが考察する余地を残す」という開発側のスタンスが影響していたのだろうか、「本書でしか明かされない新事実」はそれほど多くなく、本編の内容の補完的な意味合いの方が強かった。内容自体は良く出来ていると思うが、本書を読む前に攻略・考察Wikiに目を通してしまっていたので、ちょっと物足りなさがあったのも確か。ただ、本編のオカリンの主観の推移を確認出来る世界線年表はとても分かりやすくて良かった。

それにしても、タイムトラベル作品紹介の項で、他はすべてすぐに連想したのに『フラッシュフォワード』(ロバート・J・ソウヤー)だけ既読であるにも関わらず思い出さなかったことが屈辱だ。くっ。CERNとLHC実験というモロの題材だったというのに。

『Steins; Gate』 クリア

FrontPage - Steins;Gate/シュタインズ・ゲート 攻略・考察Wiki
4Gamer.net ― これは“神ゲー”かも。「ゲームで泣くとか(笑)」という人にこそお勧めしたい「Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)」レビュー(Steins;Gate(シュタインズ・ゲート))
“神ゲー”と話題沸騰! Xbox 360『シュタインズ・ゲート』超ロングインタビュー掲載 - 電撃オンライン
これが私の勝手レビュー:「シュタインズ・ゲート」が気になってるけど最後の一歩が踏み出せないアナタに (1/3) - ITmedia Gamez


かなり時間が掛かってしまったが、やっと『Steins; Gate(シュタインズ・ゲート)』をコンプリート。

面白かった!!

全体構成の秀逸さという点では、ここ数年プレイしたタイトルの中ではずば抜けて良かった。いわゆる「キャラを攻略する」タイプのギャルゲ―というよりは、物語を読み進めていくうちに結果的に女の子と仲良くなっていくというわりとオールドスタイルな、オーソドックスなアドベンチャーゲームの体裁で、DOS後期のADVゲーム(ついでにその数年後のサターンへの移植ラッシュ)通過世代としてはむしろ懐かしい。こう書くと老害臭くてイヤなんだが、全盛期の剣乃(not菅野)シナリオを思い出す感じでもある。情動の盛り上がりの“仕掛けかた”が極めて巧妙で、しかしそこにある種のあざとさがあるところも剣乃っぽいと言えないでもない。
SFのギミック部分もなんちゃってなものではなく、予想以上にしっかりしていた…というか良く出来ていて、虚実の織り交ぜかたが絶妙。(Dメールの仕掛けは個人的にはJ.P.ホーガンを思い出したんだけれど、実際はどうだったんだろうか)随所で見受けられる2ch(作中では@ちゃんねる)用語をはじめとするネットスラングやリアル秋葉の風景が「現実と地続きである」という感覚を呼び起こさせるのもタイムリープを「もしかしたら、リアルで実現できるのかもしれない」と錯覚させてしまうディテール構築に一役買っていたと思う。

そしてとにかく演出が上手い。「フォーントリガーシステム」のプレイヤーに能動的に物語に介入させて没入感・一体感を作り出す仕掛けが美事であるのは言うまでもないが、細かいところの演出がいちいちキマッている。「赤いゼリー」とか「開いたままのドア」とか「失敗した」とか。Trueルートに突入してからは最初から最後までクライマックスで脳汁あふれ出てどうしたらいいか困ってしまうくらい。
それを下支えする声優の演技も良い。ミンゴスは基本ヘタあんまり演じ分けが出来る人じゃないけれど、今回は当て書きじゃねーのかと思うくらいハマっていた。関智一がHENTAIオタク役というのはある種最近の流れではあるけれど、予想以上に良かった(ところどころ無理してるなあと思わされるところがあったのはご愛敬か)。そして岡部倫太郎a.k.a.鳳凰院凶真を演じた宮野真守の熱演!中盤以降の血を吐くような気合いの入りまくった演技も良かったけれど、厨二病モードからふと素に戻った時のちょっと情けない、年相応の声が微笑ましくて気に入った。


世間で言われてるほどの「泣きゲー」「神ゲー」なのか?と言われるとちょっとそれはどうよと思わないでもないが、コンプリートまで50時間近く、ガッツリと作品世界にのめり込んでプレイできたのは事実。本当に面白かった。出来ればこういうタイトルはエロゲというフィールドで出て欲しかったなーという気持ちもないでもないけれどね。

さて、封印していたニコ動とpixiv漁りの作業に戻るか。サントラと資料集とドラマCDも注文しないとな。エル・プサイ・コングルゥ。

『魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』 リメイク?

『スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL』がDSで5月27日に発売決定! : はちま起稿
魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL - Wikipedia

魔装機神……だ…と…!?

ウィンキーソフトとバンプレスト(現バンプレソフト)の間で版権絡みでトラブったかでラ・ギアス関連の展開はずっと止まっていたけれど、SFC版以来14年の時を経てついに動き出すというのか。これが運命石の扉の選択だというのか…(シュタゲのやり過ぎです)

PSPでの発売だったら戦闘シーンフルボイスだっただろうと思うとすこし残念ではあるけれど、元々のSFC版でも音声は無かったから致命的じゃないや。魔装機神が再始動するということすらも今までは“ありえないこと”だったんだから。『α外伝』でのLOE勢のどうでもいい扱いに涙したのも今となっては良い想い出に出来そうだ。他はともかくとして、ウェンディ関連のイベントだけは改悪されていないことを望む。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。